制作コラム

2021-2022年のWebデザイントレンドについて

大前提としてホームページはコンテンツが命ですが、そのコンテンツをいかにユーザーに伝えるか、伝わるようにできるかはデザインの力が大きく関わっています。

そこで本記事では2021年〜2022年のウェブデザイントレンドについてご紹介します。

近年のデザイントレンドはストレスフリーとUX

近年のトレンドとしてはまずユーザーにストレスを与えない、ユーザーが見やすいと感じるデザインが人気です。具体的には以下のようなデザインになります。

  • 視覚的に見やすいデザイン
  • 単調にならず飽きさせない工夫を凝らしたデザイン
  • ユーザーが知りたいと思う情報に辿り着きやすい構造とデザイン

スマホで主に閲覧するユーザーにとってはユーザビリティがとても重要で、ストレスなくブラウジングできるサイトが人気です。また、Googleの評価基準の中にページ内の表示速度も関係しますので、そういった面でもデータを軽くできるような工夫を凝らすことも大切です。

また、技術の進歩によって表現の幅が広がっている今日のホームページでは、飽きさせないデザインと、よりリアルな体験をさせるような方向性にあるように感じます。UX(ユーザーエクスペリエンス)の重要性が高まっています。

 

トレンドの例

それではどのようなデザインがトレンドなのかを見てみましょう。

グラスモーフィズム

グラスモーフィズム(Glassmorphizm)は背景にぼかしの手法を施してすりガラスのような質感を出す手法です。弊社サイトでもページ下部のお問い合わせ部分にそのテクニックを使っています。

グラスモーフィズムの見本

参考サイト:https://www.pyuru.co.jp/

 

背景をぼかすことでその上にある要素の視認性を高め、デザイン性と使いやすさが配慮されています。

ニューモーフィズム

ニューモーフィズム(Neumorphizm)とは要素に2色のドロップシャドウをかけ、凹凸の視覚的効果を求めたデザイン手法のことです。要素の色自体も背景に近い色を使用し、シンプルで美しく洗練された印象のデザインを表現することができます。

ニューモーフィズムの参考サイト

参考サイト:https://www.digital-connect.co.jp/

ダークモード

ダークモード(Dark mode)は最近のiOSなどでも採用されていますが、背景に黒などの暗い色を使用し、テキストなどには白などの明るい色を使用するデザイン手法で、特に暗い中で白い背景色がバーンと表示されるとスマホの光で目が疲れるといった状況を回避する目的で最近のアプリケーションなどによく採用されています。ユーザーがOSの設定にダークモードを採用している場合は背景を暗く、文字を明るくすることでブラウジングする際に視覚的ストレスを軽減するという効果を与えます。画像をより際立たせる効果もありますので、飲食店等で高級感を演出したい際にも役立ちます。

ダークモードを設定している場合のサンプルを一行だけ作っています。↓

OSでダークモードに指定している場合はここの背景が黒で、テキストの色は白になっているはず。

ダークモードを採用したサイトの見本

参考サイト:https://sonicjam.studio/

パララックス

パララックス(Parallax)は英語で「視差」という意味で、Webデザインにおいては主にスクロールに応じて遠近さを出したり、テキストや画像にアニメーション効果などを加えて、視覚的にユーザーの興味を引き立てる演出を行うことです。パララックスは先進的でおしゃれな印象を与えます。弊社サイトのトップページ(https://r-labs.jp/)にも少しそのような効果を加えています。

パララックスの見本サイト

参考サイト:https://www.apple.com/jp/iphone-14/

インタラクティブ

インタラクティブ(Interactive)はその言葉の通り、ウェブサイトが一方的に情報を発信し、それをユーザーが見るだけでなく、ユーザーも参加できるように設計されたもののことを指します。

クイズや見積計算・診断テストなどがこれに当てはまります。今後のAIの進歩などで、より様々な豊かなインタラクティブコンテンツが増えるものと思われます。

インタラクティブの見本

参考サイト:https://www.u-can.co.jp/diagnosis/

まとめ

最近のウェブデザインのトレンドと手法をいくつかご紹介しましたが、気になるデザインや取り入れたいものはありましたか?

実際にはトレンドを考えつつ、企業のブランドイメージやサイトを作る目的・コンセプトなど総合的に判断する必要がありますので、ただ単にトレンドを取り入れれば良いというわけではありません。

アルラボでは企業ブランディングのご提案やコーポレートサイト制作・リニューアルを承っております。まずはご相談から、お気軽にお問い合わせください。

 

一覧に戻る

ホームページ
制作業務

コーポレートサイト制作

コーポレートサイトは企業の看板となるウェブサイトです。顧客とのファーストコンタクトになる場合が多いので、ブランディング視点で企業を魅力的に伝えるホームページを構築いたします。

More

ブランドサイト・集客サイト制作

ブランドサイトや集客サイトはお問い合わせなど、コンバージョンの獲得を強く意識したホームページになります。クライアントの事業内容によって、コーポレートサイトをそのまま集客の核とする場合と、別途ブランドサイトや集客サイトを作ってブランディングを行う場合があります。

More

採用サイト制作

採用サイトは、コーポレートサイトと同様、求職者の心に響くためのブランディング視点が必要になります。求職者の琴線に触れる非金銭的ポイントと貴社の強みや特徴をきちんと整理し、伝わるサイトを制作いたします。

More

ECサイト制作

ECサイトは、事業の形態や規模によって求められる内容や機能が異なります。
アルラボではお客様の事業内容や求められる結果に応じてさまざまな形態のECサイトをご提案しています。

More

サービス一覧

Webマーケティング
集客対策業務

リスティング広告運用

検索ユーザーに貴社のビジネスの接点を作るリスティング広告。
限られた予算の中で費用対効果を重視した最適なリスティング広告運用を行います。

More

SNS・YouTube広告運用

検索ユーザーだけでなく、潜在ユーザーにも適切にアプローチできるFacebookやInstagramなどのSNS広告を運用します。
エリアや年齢性別など、細かくターゲットをセグメントし、適切なユーザーへアプローチします。

More

SEO対策

サイトの検索表示順位を上昇させるSEO対策。
内部施策を標準化し、サイトの構造を正しくクローラーに伝え、適切な検索キーワードからユーザーが求める情報とは何なのかを追求します。

More

コンテンツマーケティング

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを継続的に発信し、幅広いワードでアプローチするユーザーをキャッチします。

More

MEO対策

近年重要視されているMEO(Map Engine Optimization)
Googleマップでの検索結果において上位表示させる対策です。アルラボではGoogleマイビジネスの最適化のほか、サイテーション施策など、上位表示に必要なノウハウをご提供可能。

More

Webアクセス解析

ユーザーの属性や特徴、そして行動を分析し、コンバージョンに繋がる課題を解決します。ウェブサイトを着実に成長させる指標としてアクセス解析からの改善提案を行います。

More

お問い合わせ
Contact

私たちは、お客様のビジネスを成長させ、
より前に進ませるためにともに考え、創るWeb制作会社です。

ホームページの新規・リニューアル制作から
ブランディング・広告運用・SEO対策などWeb集客導線を作ります。

お問い合わせ・ご相談

ホームページ制作・広告運用・SEOなど
ご相談はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

お電話でのご相談も随時受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

0952-20-1501(佐賀)

092-717-3446(福岡)

平日:9:00~17:00